忍者ブログ
(株)トミーウォーカーが経営するシルバーレインの愛すべきキャラクター達とその背後のブログです
<< 07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

話の流れで上げてみる(何
以下「つづきはこちら」から


少女3人の編成 前衛・標準・後衛、それぞれ 気魄・術式・神秘特化。
体力は少ない代わりに、ini値が高く、攻撃が当たり難い(A以外)

少女A 許す:単体回復大、労る:全体回復+バッドステータス取り消し

少女B 助ける:暴れ独楽(追撃効果)相当のアビ、突っ込む:爆水掌(毒+マヒ)相当のアビ、励ます:味方単体回復中と攻UP

少女C 叫ぶ:敵全体に足止め+追撃、謝る:味方全体に回復小と防UP
BとCはAを守るように闘う。Cは物を投げて攻撃(毒効果あり)。Bは近接(追撃あり)。Aは攻撃力なしに等しい。

 昔ながらの自然と、入り組んだ住居が混在した、閑静な住宅街。
 無軌道な都市計画は、時として身近な所に闇を孕む…。

 中学校から歩いて半時間とかからない所だが、入り組んでおりまた近くに荒れた農地しかないせいで、人気が全くない建物があった。
 以前は市民の勉強場として少ないながらも利用されていた図書館だが、駅前に新しく建築されたため閉館となったものの、取り壊すのも費用がかかるためうち棄てられていたようだ。

 そして、このような退廃的な場には、同じ雰囲気を纏う者が集う…。

 仲良しの三人組の少女が居た。彼女達は同じ小学校で長くグループとして交友していた。この友情は中学校に行っても同じだと…。
 だが中学校に進んだ彼女達は、その学校の不良グループに運悪く目をつけられてしまう。

 正確には、目をつけたのは家が裕福で一番大人しい少女一人だったが、彼女を強請るためには残りの二人が不良たちにとっては邪魔だった。なので不良たちは、先ず二人を個別に暴力を揮い、恐怖を植えつけ、狙いの少女を見殺しにするように言い含めたのだ。

 それからは、3人にとって地獄のような日々だった。うち棄てられた図書館で強請られ、時に暴力を揮われる少女。そしてそれを知りつつも手が出せず無力感と罪悪感に苛まれる二人の少女…。

 そしてある日。不良が珍しく抵抗する少女にイラつき、突き飛ばされた時に後頭部をぶつけ少女は息を引き取る…。
 その数日後。その場には彼女を追うように自ら命を絶った二人の少女の亡骸があった…。

 以来、その場では少女の泣き謝る声が聞こえるという。

 更に裏設定。少女が亡くなった日は3人が友達となった日で、毎年皆でお祝いをしていた。
 そして、死してなお自責の念に苛まれる二人を、少女は優しく許そうとしている。
…が、彼女達が手を取り合える時は来ない…。

 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ プロフィール
HN:
後月 晦
性別:
非公開
職業:
黙秘
趣味:
混沌
自己紹介:
銀雨キャラ、円藤・無双(b42971)&武藤・唯一(b53884)のPLです。

この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営するシルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。イラストの使用権は作品を発注したお客様に、著作権は作成された絵師様に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
★ 最新CM
[10/13 NONAME]
[07/19 NONAME]
[07/16 NONAME]
[07/16 NONAME]
[07/16 NONAME]
★ フリーエリア
★ カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
★ 最新記事
★ ブログ内検索
★ 最新TB
★ バーコード

Copyright (c)否定神学 -Theologia Negativa- All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]