忍者ブログ
(株)トミーウォーカーが経営するシルバーレインの愛すべきキャラクター達とその背後のブログです
<< 07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    09 >>
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

空っ風が吹き、空が遠く澄み渡るように洗い流されていくような・・・、そんな秋の朝。
一人、のんびりと無目的に、気の向くまま風の吹くまま・・・足裏から伝わる落ち葉の感触を楽しみつつ、ぶらいぶらりと辺りを散策している無双が居た。

休日の朝、歩きなれた舗装路も、街路樹の落葉のお陰で普段とは違った趣があり・・・そうして無双は一人、のんびりと歩いているわけだ。
こうした散歩は、彼にとって気紛れで散発的ではあるが・・・既に馴染んだものだった。

例えば、月が細く儚く・・・それでも輝いてる夜。
例えば、雨音が世を包み、まるで静寂の世界と化したような昼下がり。
例えば、この世全てがその命を謳歌するかのように、赤く静かに燃え立つような夕暮れの時。
そして例えば・・・世界が眠りから覚める、その一瞬にまどろんでいる様な・・・、それとも、これから始まる一日に怯えて凍えているような・・・そんな朝焼けの時。

・・・ふと吹き抜けた風に・・・無双は立ち止まってその身を任せるかのように目を閉じた。
自身の目蓋の影の中・・・唐突に思い起こされたのは、懐かしくも既に色褪せた昔日の日々ーーー・・・。

(注意!! ここより先は、というかこの時点でお解りの様に、今回の記事は120%背後主体の妄言やアンオフィといったものが、タイムセールの卵や砂糖といった感じに全面に出まくっております。
そういったものに耐性のない方、ここまでで粗方わかってらっしゃるような方、この後長い話に付き合うことの出来ない方は閲覧非推奨です。というか、推奨できる方がおりませんorz
そんなこんなで、何故か突発的に書いてしまった・・・というか書いている無双の過去話。以下「つづきはこちら」からどうぞ。


その日も、山の中では小さな影が走っていた。

特に資源にするような木々や土もなく、さりとて観光地にするにも高さや景観などが足りない、そんな名もなき小さな山の中。
麓の町は都心から線路一本で繋がっているとはいえ、都会として発展するにも、田舎として農牧などに絞ることも踏み切れない・・・そんな小さな片田舎。
その町を見守るような自然の地蔵のような山を、誰もが日々見上げながらも意識せず、名前も知らないような・・・そんな山の、小さくとも生命豊かな森の中・・・

今日も今日とて小柄な少年・・・無双が走っていた。

幼い時分から、山にも忘れ去られたような、ひっそりと残る獣道のようなちいさな道を登り、彼はこの山の中原に棲む修験者の師匠の下に通っていた。
学業や家の手伝いなど、来れない時もあったが・・・、身体を動かすことが何よりも楽しい子供の特性か、生来の生真面目な性格の所為か。
無双は家の庭先だろうと山だろうと、毎日武術の型を繰り返し、修行を修行とも思わず、辛さを辛いと思うこともあれどそれ以上に・・・ただただ楽しい一念で日々を過ごしていた。

山に入れば、にこりとも笑わないが優しさや気遣いが・・・幼い日の彼にですら判る位・・・行動の端々に感じられる師匠。野良で気難しいながらも、良き遊び相手となる山の動物達・・・。そして、時折見える不可思議な生物と言えぬ様なモノ・・・。
それら全てが幼き日の彼にとって当たり前の日常だった。
勿論、家族や町の人も彼にとって掛け替えのない存在であり、唯一無二の「帰る」場所であった。だが、帰れる場所と遊ぶ場所・・・。その時その瞬間の勢いで過ごすことの多い子供時分の無双にとって、山はなによりも魅力的な場所だった。

季節は、秋雨が静かにささやかに通り過ぎ、代わりに役目を終えた葉がひらりひらりと舞い落ちる・・・そんな時。
彼にとって、後の生き方を決める・・・その時が訪れようとしていた。


続きは現在のんびり絶叫執筆中(ぉ
っつーか、読み返すと意外に長く見えるこの不思議。
そうでもないと思うんですが・・・謎。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
★ プロフィール
HN:
後月 晦
性別:
非公開
職業:
黙秘
趣味:
混沌
自己紹介:
銀雨キャラ、円藤・無双(b42971)&武藤・唯一(b53884)のPLです。

この作品は、株式会社トミーウォーカーの運営するシルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。イラストの使用権は作品を発注したお客様に、著作権は作成された絵師様に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
★ 最新CM
[10/13 NONAME]
[07/19 NONAME]
[07/16 NONAME]
[07/16 NONAME]
[07/16 NONAME]
★ フリーエリア
★ カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
★ 最新記事
★ ブログ内検索
★ 最新TB
★ バーコード

Copyright (c)否定神学 -Theologia Negativa- All Rights Reserved.
Photo material 空色地図  Template by tsukika

忍者ブログ [PR]